カラコン使用時の注意

カラコンはメイクの一部のように自分の瞳を印象深いものにしてくれる効果のあるものですが、視力を矯正するものであるかどうかに関わらず瞳の中に装着するコンタクトレンズは高度医療機器であることにはかわりありません。そのため間違った使い方をすると、大切な目に取り返しの付かない障害を起こす原因になることもあります。安全に使うためにも使用時の注意点には十分に気を使う必要があります。

まず、眼科を受診して自分の目の状態をきちんと検査してもらうようにします。人によっては涙の量が不足していてカラコンが合わないといったケースもあるので、必ず医師の診察を受けるようにします。また、最初だけでなく定期的に検査を受けることは必要で、特に異常を感じることが無いとしても3ヶ月に一度くらいの間隔で定期的に検査を受けるようにするのがおすすめです。

さらに使用できる時間も決まっているので、目に負担をかけないためにも使いはじめからいきなり長時間使用するようなことは避けるようにします。そして使用中に万一目に痛みを感じたり、これまで無かったような充血が起こったりなどの異常を感じたら、まずはすぐに装着したレンズをはずし、必ず眼科医の診察を受けるようにしましょう。