ハイヤーとタクシーとで異なる利用用途

みなさんの中でタクシーという乗り物を知らない人はほぼいないのではないでしょうか。それではそのタクシーに比べて、ハイヤーという乗り物を知っている人がタクシーほどいるか、と言われるとタクシーの方が認知度はあるかもしれません。しかし、タクシーにはできない利用用途がありますが、それがどのような利用用途かを知りたいと考える人もいるでしょう。今回はそんなタクシーとは異なった乗り物であるハイヤーについてみなさんに紹介させていただきます。

タクシーと比較して何が違うのか、と言われた場合、まずは街中を走っているのかどうかという点が非常に分かりやすい点です。タクシーは都心部だけではなく、地方や観光都市などでも非常に重宝される乗り物です。公共交通機関とは違って、自分が行きたい場所に直接行ってくれますので、時間の節約にもなりますし、観光で訪れた場合には時間が限られていますので、非常に便利な乗り物です。

しかし、公共交通機関であるバスや電車などと比べてしまうと、金銭的には少し高くなってしまいますので、その点をどう捉えるのかは、人それぞれでケースバイケースと言ってもよいでしょう。

それでは、タクシーや公共交通機関のバスや電車などとも異なるハイヤーはどうなのでしょうか。一言で言ってしまえば、完全予約制の高級なタクシーと言えば少し想像がつくでしょうか。タクシーは街中を走っていますので、急な用事があった場合や公共交通機関では、なかなか行きにくい場所などに便利な乗り物ですが、完全予約制ですので街中を走っていたとしても手を挙げてタクシーのように乗車することはできません。

ここでタクシーについて少し思い浮かべる方もいるかもしれませんが、タクシーは街中で走っていてそのタクシーを拾うこと以外にも、自宅まで電話1本で送迎を行うことができるという点では完全予約制の側面も持っていると言えるでしょう。しかし、ハイヤーの場合では送迎をするにしても、一般的な日常生活の中で利用するかと言われればその答えは、利用しないということになります。

どういうことかと言うと、ハイヤーはタクシーとの利用用途が異なる高級な完全予約制タクシーなのです。基本的には、黒塗りの車ということもあり、会社役員の毎朝の送迎はもちろんのこと、海外などからVIPがいらっしゃった時には、その送迎も行うことができます。非常に格式が高い乗り物ですので、一般的なタクシーとは異なると言えるのです。