取れなくなったら?

カラコンに限らずコンタクトレンズが取れなくなってしまったときですが、まずはあわてずにカラコンが確かに目に入っている事を確認します。コンタクトレンズは、たとえずれてしまっても目の中に入ったり眼球の裏側に回ることは無いので、鏡を見ながら瞳をゆっくりと動かしてレンズがあることを確認してからはずすようにします。それでも上手く見つからないときは目を傷つける可能性もあるので無理やり自分で探そうとせず眼科医を受診するようにします。

また、レンズが瞳に張り付いてしまって取れなくなった場合には、レンズをしたままで点眼できる目薬をさしてみてからゆっくりといつもどおりに外すようにします。それでも外れないときには瞼を閉じて、瞼の上からカラコンの縁にあたる場所をやさしく押さえ、ゆっくりと目を耳の方に向けて動かすとレンズが浮き上がってきてはずすことが出来ます。レンズが瞳の部分からずれて白目の部分に移動してしまって動かない場合も同じようにしてみるとはずすことができます。

それでもどうしても取れない場合にはやはり無理をしたり、自己流のやり方で無理やりはずそうとしたりするのではなく、必ず専門の眼科医を受診してとってもらうようにすることが大切です。